大学や専門学校に進学する為に!面接の質問対策

学生

大学や専門学校へ進学したい!

大学や専門学校に進学するには、自分の希望、強みなどの自己確認をして進学の方向を見定め、自分の学力、能力に見合った大学や専門学校を決定することが望まれます。進学校は2校以上を選択するすることが重要です。挑戦的レベル、合格率70%以下のレベル、合格が高い確率で予想されるレベルなど、クラス分けして受験するのが得策です。勿論、受験浪人が許される場合は違った選択になることは理解してください。

合格するためには小論文、面接対策を取っておく

推薦入学を除いて一般的にそれぞれの入学試験に合格する必要があります。筆記試験には小論文の記述試験が採用されるケースがあり、この対策には、いくつかのテーマを想定し、教師などの専門家に添削の訓練を受けるなどの事前準備(要領を覚える)が望まれます。筆記試験に合格すると面接試験が実施されるのが普通です。面接試験の対策は、あらかじめ予想される質問を想定し、答えを準備しておくと効果的です。予想質問項目は、入学試験参考書や雑誌などから選択してください。頻度の高い想定される質問項目としては、自分の性格、考え方(人生観など)、将来やりたいことなどに関する内容があげられます。

添削サービスを利用して読解力や発想力を身につけよう

添削サービスは、有料、無料のサービスが有ります。サイトの利用ではGoogleやYahooの検索欄に「添削サービス」とインプットすると対応するサイトが出てきます。民間の予備校や学習塾でもいろいろの制度がありますので事務局に確かめてください。小論文は添削の指導訓練を受ける効果が、かなり大きいものがあります。小論文ですから、数百字の短い記述になるため読解力、発想力の「技」を知っておくと効果を上げやすいためです。

目指せ一発合格!受験に役立つ情報まとめ

原稿用紙

志望校に合格する為に!小論文の添削サービスを利用

小論文添削サービス会社を見つけ出すことは、有名なポータルサイトの検索欄を通じて比較的簡単にできることです。しかし、小論文作成の基本を身につけるには、小論文の構成例などを何度も見比べるなど、繰り返しの作業により身につけることが重要です。

READ MORE
勉強道具

知っておこう小論文のテーマのチェック方法

小論文の試験を行うことで、その受験生が一貫した論理性や問題提起する力を持ち、専門学校、短期大学、大学での学問を学んでいける力があるのかを判断します。学校で学びたいことを深く知るためにも必要な知識や自分の考えを持ち、現在何が社会で問題になっているのかを広く把握することが大切だと言えます。

READ MORE
学生

よく聞かれる質問を確認!面接の対策方法

入試面接は学生本人の適正を評価するための試験であり、筆記試験では見えない人柄や信用性を判断するために行われています。そのため学生本人をアピールするための重要な場としてしっかり対策を講じておく必要があり、過剰なアピールや適当な対応をしないように注意して臨む姿勢が求められているのです。

READ MORE
原稿用紙

レベルの高い小論文を作成する為には添削がおすすめ

小論文入試を受けるときには対策を十分に行う必要があり、添削を業者に行ってもらうのが合理的と言えるでしょう。塾に通って添削をしてもらうこともできますが、いつでも利用できるオンライン学習を利用するのも考慮しましょう。

READ MORE

個人面接とグループ面接の違いを比較

傾聴と反論の態度で協調性を確認

グループ面接(討議を含む)では、仲間の発言を傾聴する場面があり、ここには聴く態度の真摯さや、発言や反論の仕方で相手を思いやる態度の有無が分かります。個人面接では、試験官との1対1のやりとりですから、こうした情報は入手が困難です。

積極性や着眼点(理解力)の差を把握

グループ面接(討議を含む)では、参加メンバーの発言回数や着眼点の差が見られ、各人の積極性などの個性が比較でき採用側にとっては有効な情報を入手することになります。留意点は、短い時間での判断であることと、個性の強い参加者がいるとグループ全体の印象にバイアスがかかる懸念があります。最終段階では個人面接の実施が望まれす。個人面接では、グループ面接では遠慮する個人的な発言が有り、1対1の応答から受ける印象を採用の判断材料に加えることは重要です。

[PR]入試面接でよく聞かれる質問を厳選特集♪
受験対策をはじめよう

[PR]小論文のテーマって何?
進学に役立つ情報まとめ♪

[PR]小論文の添削サービスを提供中
受験対策にピッタリ☆

広告募集中