志望校に合格する為に!小論文の添削サービスを利用

小論文の添削をするためには、小論文の基本を知ろう!

「添削会社を探し出す方法を徹底比較」【口コミサイトVSランキングサイト編】

転職

ポータルサイトを利用・検索し「小論文添削サービス会社」を探索してください。会社の強みが一般転職向けか、学生就活向けかを判断し、選択してください。一般転職では大手転職エージェント系はやはり強みがあります。リクルート社、日経新聞社、マイナビなどです。

就活

学生の就活小論文と一般転職者小論文では出題に差があります。添削方針にも差があります。サイトの検索で就活が強みなっている会社を探してください。リクルート、マイナビ、キャリアコネクションなどが特徴があります。

「小論文の添削サービス!お申し込みの流れを要チェック」

【流れ】

ポータルサイトGoogle及びYahooの検索欄の利用は簡単で、検索欄に「小論文添削サービス会社」とインプットすれば、「小論文添削サービス会社の見出し」に行き当たります。会社は、転職・就活エージェント系と一般文書系に分かれますが、転職・就活系では採用会社に付いての一般的な情報が豊かです。いろいろある中から目的を考え自分に合った紹介を複数選んでください。

【手順】

ポータルサイトGoogle及びYahoo検索欄から、自分に合った情報を複数得たら、実際にどのようなサービスが得られるか確認することが重要です。サービス紹介サイトから完全な情報を得ることはできませんが、少なくともサービスの流れ、手順がある程度理解できることが目的です。留意点は、利用パソコンのバージョンに差があってトラブルになることがあります。先方の指示に従ってください。

【ハウツー】

パソコンでの小論文添削サービス会社の利用は、会社選択を経て進展していきますが、会社サービス利用前に「小論文作成の基本」を理解していた方が得策です。基本の理解には、ポータルサイトの検索欄に「小論文」とインプットすると、作成の基本を提示した無料のサイトが出てきます。ここで基本を理解した上で会社サービスを利用することが、サービス回数の削減につながり得策となります。

志望校に合格する為に!小論文の添削サービスを利用

原稿用紙

志望校合格への近道!〈小論文の基本構成を身につける〉

小論文は400~800字前後が多いようです。読者(採点者)に何が書いてあるか(主張は何か)を理解してもらうことが最大の狙いになります。それには、結論、具体的な説明、まとめ(結論)の形式が分かりやすく高得点につながりやすいと予備校などで説明されています。添削サービスでの指導に加え、1つの情報としてお伝えします。

小論文の構成例を何度も見比べながら勉強するメリット

小論文の構成例を何度も見比べたり、添削を受けることは、作成の基本を知ることになり、最後は自分の得意な型を身につけることにつながります。自分の好きな型を身につけるとそれは強みになります。不得意な分野の「課題」が出題されても、驚かないで自分の主張ができるようになります。何事も繰り返しにより基本を身につけることが重要です。

さらに文章力を磨き上げたいなら添削をプロに任せよう

小論文作成の基本が身についたら、次は自分の個性を活かすことが重要になります。しかし、個性が先に出てしまうと自分の好ましくない癖が身についてしまうことがよくあります。こうしたことを回避するためにそれぞれの道でプロについて教えを受けるのは常道とされています。

広告募集中